気象予報士

気象予報士試験に13歳7か月で合格して、最年少記録を更新したというニュースがありました。
合格した中学1年生は、試験の約1か月前から毎日1時間程度勉強して、4回目の受験で合格したそうです。

今回の試験の受験者4329人で合格者は272人、合格率は6.3%、累計の合格者は7311人で平均の合格率は6%ということです。

気象予報士試験は、気象業務支援センターが実施していて、受験資格の制限はなく誰でも受験できます。
平成21年度の試験は、平成21年8月と平成22年1月に行われる予定です。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27570134
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック