髪の毛の常識・非常識

世界一受けたい授業(日本テレビ)の
保健体育の時間から
「アナタの知らない毛の常識・非常識!」
先生は毛のスペシャリスト・板見智(いたみさとし)先生です。

毛の常識・非常識!
・毛を剃っても太くなることはありません。毛を剃ると根元の太い部分が残り、それが伸びると毛先が太いため濃くなった印象になります。
・直毛とクセ毛の違いは、毛1本1本の形で決まります。毛の断面が丸いと直毛で、楕円はクセ毛、扁平は縮れた毛です。手入れの仕方で髪の毛が痛んだりとか、年齢が進むに従ってもともと直毛だったのにウェーブが出てきたりすることもあるそうです。
・昆布などの食べ物で薄毛は治りません。昔からの迷信で科学的根拠はありません。

まつ毛など、それぞれの毛に、それぞれの寿命があって決まった寿命になると伸びるのが止まります。
日本人の髪の毛の長さの限界は、平均で男性70cm、女性90cmです。人種によって違いがあって、中国のヤオ族の女性は髪の毛を長く伸ばす習慣があり、最長で1.7mの人もいるそうです。

髪の毛にはヘアサイクルがあります。成長期は2〜6年、退行期が2〜3週間、休止期は3〜4か月、次の成長期に入る時に古い髪の毛が抜けます。
髪の毛以外のヘアサイクルは、腕の毛の成長期は2〜3か月、まつ毛・まゆ毛の成長期は1〜2か月、すね毛の成長期は3〜4か月です。

薄毛になるのは、6年あるはずの成長期の途中で休止期に入るためで、成長期が短いために髪の毛は長く伸びなくて太くもなりません。
通常、髪の毛の10%は休止期なので、計算上は1日100本までの抜け毛は問題ないそうです。

男性型脱毛症は、日本人男性の3人に1人くらい、俗にM型といわれるおでこから進行するタイプ、O型は日本人に多い頭頂部から来るタイプで、やがてふたつがくっついて後ろと横だけが残る状態になっていきます。

薄毛は遺伝します。髪の毛を作る指令を出している毛乳頭細胞のなかで強力な男性ホルモンのDHTが、あるたんぱく質と結びつき、発毛を止める指令を出すために髪の毛が育たずに薄毛になってしまいます。薄毛は男性だけでなく女性にも起こります。女性も男性の10分の1くらいの男性ホルモンがあるので薄毛になりますが、女性はO型だけです。

先祖を見ても脱毛はないという人でも、父方と母方が組み合わさって男性型脱毛の素質が出てくることもあるので誰でも可能性はあるということです。

精神的なものが原因というはっきりとした科学的データはありません。

円形脱毛は、持って生まれる円形脱毛になりやすい素質がある人にできやすいです。
ストレスは原因ではなく、出来るきっかけになるそうです。
円形脱毛は、免疫が異常になって起こりますので、医療機関で治療する方がいい病気です。

正しい髪の洗い方
・長い髪の毛の場合は、最初にブラッシングでホコリを落とす。
・シャンプー前に髪を十分にすすぎ、お湯で落ちる汚れを落としておく。
・シャンプーは手のひらと指の腹を使ってやさしく洗うが重要。
・キューティクルを傷つけないために、髪と髪との摩擦を起こさないように洗う。
・髪の毛自身をもむように洗わずに、地肌を洗う。
・洗い残しは皮膚炎の原因にもなるので、シャンプーはよくすすぐ。
・湿った髪の毛どうしは摩擦が強いので、リンスを使って摩擦を減らす。リンスもよくすすぐ。
・髪の拭き方は、ゴシゴシと拭かずに、タオルでおさえるように拭き取る。

指を立てて爪でひっかくように洗うと頭皮の角層がとれてしまい、皮膚はそれを修復しようとします。結果的にフケがふえることになります。

薄毛の対処法は、ここ10年くらいに発売された市販の育毛剤にはなかなかいいものがあるそうです。
最近では、飲んで薄毛を治すものがあります。フィナステリドという飲み薬で、医療機関で処方してもらう薬です。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27282280
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック