マンUがクラブ世界一に

マンチェスター・ユナイテッド(マンU)がトヨタFIFAクラブワールドカップに初優勝し、賞金500万ドル(約4億4500万円)を獲得しました。最優秀選手は、マンUのルーニーが選ばれました。
2位はリガ・デ・キト(エクアドル)
3位、ガンバ大阪
4位、パチューカ(メキシコ)

トヨタFIFAクラブワールドカップは2009年と2010年はアラブ首長国連邦(UAE)で行われます。


全試合結果
1回戦(開幕戦)
アデレード 2−1 ワイタケレ

準々決勝
パチューカ 4−2 アルアハリ
ガンバ大阪 1−0 アデレード

準決勝
リガ・デ・キト 2−0 パチューカ

5位決定戦
アデレード 1−0 アルアハリ

準決勝
マンチェスター・ユナイテッド 5−3 ガンバ大阪

3位決定戦
ガンバ大阪 1−0 パチューカ

決勝
マンチェスター・ユナイテッド 1−0 リガ・デ・キト


出場クラブ
ガンバ大阪(日本・アジア王者)
アルアハリ(エジプト・アフリカ王者)
パチューカ(メキシコ・北中米カリブ海王者)
リガ・デ・キト(エクアドル・南米王者)
ワイタケレ(ニュージーランド・オセアニア王者)
マンチェスター・ユナイテッド(イングランド・ヨーロッパ王者)
アデレード(オーストラリア・アジア準優勝)
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/24634650
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック