フードにファーがついている理由

クイズ雑学王(テレビ朝日)から

コートのフードに付いているファーはふさふさした毛が温かいという理由で付けられているわけではありません。
第二次世界大戦のときに、米軍がアラスカに赴任する兵士のために考案し、2つの目的があって付けられました。
ひとつは、風や雪が侵入しないように隙間を埋めるためで、
極寒の地での活動する兵士ならではの、もうひとつの目的とは?
という一般正解率が6%の問題。

正解は
フードの縁が顔の汗を吸収し凍結して、顔に張り付くのを防ぐため。

ファーは油分の多い動物の毛で作られていたために、水分を吸収しづらく、凍結して顔に張り付くのを防ぐことができるということです。
今、ついているのは単なる飾りだそうです。

ちなみに、全員が不正解の問題でした。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/24129355
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック